萬嶽寺 (岐阜県中津川市阿木)

かっては阿木村で、1957年に中津川市と合併した阿木地区は、
人口2500人の山間農村地区である。
その阿木は中津川市の南西端に位置し、恵那市に隣接している
自然溢れる地区である。
その阿木にあって中核的なお寺が萬嶽寺である。
堂々とした山門と子僧像、大きな提灯が迎えてくれる。
夏には、境内一面にハスの鉢が並べられ、ハス祭が行われる。

萬嶽寺は1650年賀雲院に新たに開創されている。
根の上観音と呼ばれる馬頭観音が祀られ信仰を集めている。

<岐阜県のお寺一覧>参照

(1)寺名:萬嶽寺(ばんがくじ) (2)住所:岐阜県中津川市阿木101-1
(3)山号:賀雲山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:在天三龍 (6)開創:1650年 (7)本尊:聖観音
(8)その他
1)本尊・聖観音坐像:市指定文化財 江戸時代中期 像高80cm
2)馬頭観音坐像:県指定文化財 室町時代 像高30cm

画像
                       阿木へ

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                       山門前

画像
                        本堂

画像
                       本堂前

画像
                      六地蔵石幢