専長寺 (石川県金沢市)

江戸時代の豪商・銭屋五兵衛の拠点であり、北前船の湊である金石地区
にあって、本堂や山門などの赤瓦屋根が目にも鮮やかに飛び込んでくるのが
専長寺であり、金石寺院群を形成している。
本堂・山門は18世紀末の建立であり、茶室<松帆しゃ;>は銭屋五兵衛の隠居所
にあった物を移築している。
専長寺は1465年宮腰村に念仏道場として開創され、1472年蓮如上人より
専長寺の寺号を授けられている。
再三の火災に遭い、1723年現在地に移っている。

<石川県のお寺一覧>参照

(1)寺名:専長寺(せんちょうじ) (2)住所:石川県金沢市金石西4-19-56
(3)山号:松菊山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開創:1465年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)本堂:市指定文化財 1797年
  山門:市指定文化財 18世紀末
  茶室:市指定文化財 1856年頃移築
2)クロマツ:市指定保存樹

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像
                       クロマツ