集福寺 (石川県能美市) 辰口温泉の守り寺

集福寺は、1533年越中砺波郡小坂村(富山県小矢部市小坂)に開創されたと
伝えられ、1600年金沢へ移り、1895年辰口温泉の守り寺として現在地に
移っている。
寺の名前からも<福を集める>と縁起をかついで信仰があるらしい。
本堂裏の小高い所の地蔵堂に祀られている石造地蔵菩薩坐像は、
享保年間(1716~36年)江戸相撲の大関が北陸巡業の折に奉納したものと
いわれ、石川県では最大級の石造地蔵菩薩といわれている。

辰口温泉は1836年に開発された新しい温泉であるが、金沢から近い
こともあり人気が高い。

<石川県のお寺一覧>参照

(1)寺名:集福寺(しゅうふくじ) (2)住所:石川県能美市辰口町ヌー35-1
(3)山号:興隆山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開創:1533年 (6)本尊:薬師如来
(7)その他
1)石造地蔵菩薩坐像:市指定文化財 1716~36年 像高250cm

画像
                       辰口温泉

画像
                        山門

画像
                        参道

画像
                     参道横の足湯

画像
                        本堂

画像
                       地蔵堂

画像
                       地蔵尊