銀山寺 (大阪市天王寺区)

豊臣秀吉が1583年大坂城の築城を開始し、城下町の整備に際し、
天王寺に3ヶ所の寺町を設けた。その一つ生玉寺町に1591年
大福寺が開創されたが、秀吉の命で中国の金山寺に肖り銀山寺と
改名している。
秀吉ゆかりの朱印状や豊臣秀吉画像などが残されている。
また、江戸時代に近松門左衛門の<心中宵庚申>のモデルとなり、
市中で有名になった悲恋心中の<お千代・半兵衛>の比翼塚(墓)が
墓所にある。

<大阪市のお寺一覧>参照

(1)寺名:銀山寺(ぎんざんじ) (2)住所:大阪市天王寺区生玉町6-26
(3)山号:宝樹山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:縁誉休岸 (6)開創:1591年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       苦行仏