お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 覚念寺 (滋賀県長浜市高月町)

<<   作成日時 : 2016/01/15 09:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

湖北の東に位置する己高山(こだかみやま)は奈良時代から修行霊場として
開かれ、平安時代初期に最澄が堂宇を建立し、観音信仰を中心にした
己高山仏教文化が開花したと伝えられている。
現在もこの地区に残る多くの観音菩薩は己高山仏教文化の名残と
いわれ<観音の里>と呼ばれている。
その中にあって、己高山の惣山7ヶ寺(法華寺、石道寺、満願寺、
安楽寺、松尾寺、円満寺、鶏足寺)の一つ松尾寺(しょうびじ)の法灯を
継いでいるのが覚念寺といわれている。
ここの観音は十一面観音である。

余呉川が琵琶湖に注ぐ小高い山の麓に覚念寺が建ち、十一面観音を
祀る観音堂が山腹にある。

<滋賀県湖北のお寺一覧>参照

(1)寺名:覚念寺(かくねんじ) (2)住所:滋賀県長浜市高月町松尾59
(3)山号:己高山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開基:伝教大師最澄 (6)開創:783年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)十一面観音立像:室町時代 像高103cm
2)己高山松尾寺縁起:室町時代

画像
                        遠景

画像
                        遠景

画像
                        本堂

画像


画像
                     観音堂への参道

画像
                       観音堂

画像
                      観音堂から

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

覚念寺 (滋賀県長浜市高月町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる