厭離庵 (京都市右京区) 紅葉の小倉山荘跡

京都嵯峨野の小倉山(286m)東麓にあり、祇王寺と清涼寺の中間地の
住宅地に樹々に覆われた厭離庵がある。
この地は、百人一首の選者・藤原定家の小倉山荘の跡地で、この地で
百人一首を選したといわれている。

藤原定家の歌<小倉山しくれの頃の朝な朝な昨日はうすき四方の紅葉葉>

その後、この山荘は荒廃したが、冷泉家が修復し、1772年厭離庵として
お寺を開創している。
明治維新後、再び荒廃したが1910年に再興されている。

庭園は紅葉で覆われ、境内全体を紅く染める風景は名庭の一つに
数えられている。
特に、苔むす庭に落ちたもみじは<散りもみじ>として風情を一層
高めている。
通常は非公開であるが、紅葉時期に公開されている。

境内は住宅地に囲まれ、細い参道を見つけるのが一苦労であるが、
公開時期には参道入口に立て看板が設けられている。

<京都市右京区のお寺一覧>参照

(1)寺名:厭離庵(えんりあん) 
(2)住所:京都市右京区嵯峨二尊院門前善光寺山町2
(3)山号:如意山 (4)宗派:臨済宗天龍寺派
(5)開山:霊源慧桃 (6)開創:1772年 (7)本尊:如意輪観音

画像
                        参道

画像
                       山門から

画像
                      茶室時雨亭

画像
                        庭園

画像
                      散りもみじ

画像
                        書院

画像


画像
                        本堂

画像
                      本堂天井絵

画像
                       定家塚

画像


画像


画像