もくもく探索日誌 2015年9月5日 泉南~紀ノ川流域

阪和道泉南ICを8時に出る。
泉南海岸に出て、関西空港と連絡橋を遠望することから、本日の
泉南~和歌山市内~紀ノ川南岸を上流へと辿る。
九度山~橋本~御所と経由して。
泉南市の<極楽密寺>は奈良時代の偉大な僧・行基が開創したという
古刹である。

画像
                       関西空港

画像
                       極楽密寺

阪南市へ入る。
重層屋根の本堂<瑞宝寺>、尾崎御坊<本願寺尾崎別院>の浜街道を
南へ。
豊臣秀次の娘・お菊の像が安置されて、お菊寺と呼ばれる<法福寺>、
地蔵菩薩の<宗福寺>は山門が閉じられ参拝できず。

画像
                       瑞宝寺

画像
                     本願寺尾崎別院

画像
                       法福寺

画像
                       宗福寺

海岸沿いに阪南市~岬町~和歌山市加太へと。
加太港に立ち寄り、推定樹齢400年といわれるビャクシンの<常行寺>。
本堂では法事が。
和歌山市内へ。
徳川第8代将軍・吉宗の祖母の菩提寺<大立寺>から東へ。
ここからが難渋する道探しが始まる。住宅街に建つ<薬徳寺>へ細い
道を行きつ戻りつ、対向車の度にバックしたりと、もくもく探索の醍醐味を
味わう。執念と忍耐で辿り着く。
次の<阿弥陀寺>へも同様の難渋。

画像
                       加太港

画像
                       常行寺

画像
                       薬徳寺

和歌山市内を離れ、紀ノ川南岸を上流へ。快適なドライブと一変。
和歌山市東端のクスの木が風景を作っている<光恩寺>は小規模ながら
お寺然としている。
紀ノ川南岸を30km上流へ。真田幸村ののぼりが目立つ九度山に入る。
来年の大河ドラマは真田幸村ということで、九度山は燃えている。
弘法大師空海ゆかりの世界遺産<慈尊院>と、その裏山に建つ<勝利寺>と。
勝利寺では、町職員と懇談。来年の九度山観光対策など。
高野山への町石道をほんの少し歩く。

画像
                       光恩寺

画像
                       紀ノ川

画像
                       慈尊院

画像
                       勝利寺

画像
                       町石道

橋本市学文路(かむろ)にはいる。<学文路(かむろ)>と誰が読むだろう。
山手へ。苅萱堂<西光寺>を経て、信仰の篤い<かむろ大師>では、
年輩の地元夫人と話し込む。かむろ大師が山手に移動した経緯など。

画像
                       西光寺

画像
                     西光寺から眺望

画像
                      かむろ大師

画像
                     かむろ大師から

御所市へ。
峯山百体観音の<弥勒寺>へ。百体観音を求めて探す。
時刻も気になり、もくもく探索に反して今回は諦めて帰路に。
万歩計七千歩。

画像
                       弥勒寺