円通寺 (京都市左京区) <名勝>庭園

円通寺の元は、後水尾天皇(1596~1680年)の
山荘・幡枝離宮で、修学院離宮の造営にともない、近衛
家に譲り渡された。
1678年霊元天皇の乳母であった瑞雲文英尼がお寺と
して円通寺を開創している。
比叡山を借景とする庭園は幡枝離宮の時に作庭された
庭園といわれている。
京都には借景庭園が多くあり、京都市眺望条例によって
護られている。
現在、30数ヶ所が対象となっている。

アクセスが不便なことから、どっと観光客が押し掛ける
こともなく、京都では静かに拝観できる庭園といえよう。

<京都市左京区のお寺一覧>

(1)寺名:円通寺(えんつうじ) 
(2)住所:京都市左京区岩倉幡枝町389
(3)山号:大悲山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)勧請開山:景川宗隆 (6)開基:瑞雲文英尼 
(7)開創:1678年(8)本尊:聖観音
(9)その他
1)庭園:国指定名勝 江戸時代前期 借景式枯山水庭園
2)霊元天皇宸翰消息:重要文化財 江戸時代前期
3)訪問日:2005年10月13日

画像
                 庭園

画像
                 参道

画像
                 山門

画像
                 境内

画像
                 客殿

画像
                 玄関

画像
                 本堂

画像
                 庭園

画像
                 庭園