極楽密寺 (大阪府泉南市)

極楽密寺は、730年行基によって築かれた草庵が始まりと伝えられ、
1185年重源上人が東大寺を再建中に立ち寄り、伽藍を整備したと
いわれ、その後大いに栄えたといわれる。
1585年秀吉の紀州攻めで兵火に罹り、伽藍は全て焼失している。
1755年には紀州藩主徳川家の祈願所となり、再び隆盛している。

泉州むかし話には、<小板屋小十郎狐>というのがあって、馬場集落
の人達が小十郎狐は悪狐だが極楽密寺に<小板屋大明神>として
祀ったというむかし話が伝わっている。

<大阪府のお寺一覧>参照

(1)寺名:極楽密寺(ごくらくみつじ) (2)住所:大阪府泉南市馬場1-16-1
(3)山号:西方山 (4)宗派:真言宗善通寺派
(5)開基:行基 (6)開創:730年 (7)本尊:薬師如来

画像
                        参道

画像
                        境内

画像


画像
                       観音堂

画像


画像
                     本堂(薬師堂)

画像
                       地蔵堂