安楽寺 (京都市左京区) 松虫鈴虫寺

東山鹿ヶ谷に、茅葺山門が紅葉に映える安楽寺は、鎌倉時代初期に
現在地より東の東山山中に、法然上人の弟子である安楽・住蓮が
念仏道場として草庵を建てたことに始まるといわれている。
1206年女官の松虫・鈴虫が安楽・住蓮に帰依し出家し、これに
激怒した後鳥羽上皇は、1207年安楽・住蓮を処刑し、法然上人・
親鸞などを流刑に処している。これが建永の法難と呼んでいる。
法然上人、親鸞聖人にとっては大きな生涯事となっている。

1212年法然上人が京へ戻ると、安楽・住蓮の廃れた草庵を再建し、
安楽寺として再興したと伝えられている。
天文年間(1532~55年)現在地に再興されている。

茅葺山門と紅葉、新緑の映える風景と松虫・鈴虫の物語が、安楽寺
を象徴している。

<京都市左京区のお寺一覧>参照

(1)寺名:安楽寺(あんらくじ) (2)住所:京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町21
(3)山号:住蓮山 (4)宗派:浄土宗系単立
(5)開基:安楽、住蓮 (6)開創:鎌倉時代初期 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)国登録文化財伽藍
  本堂:江戸時代後期  客殿:江戸時代後期  山門:1892年
2)地蔵菩薩立像:市指定文化財 1258年
3)かぼちゃ供養:7月25日

画像
                      紅葉の山門

画像
                     山門近辺の紅葉

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                        客殿

画像
                        庭園

画像
                     松虫鈴虫供養塔

画像
                     安楽住蓮供養塔