もくもく探索日誌 2015年5月17日 福知山

京都縦貫道・丹波ICを早朝6時半に出る。
霧が濃い。綾部経由で7時半に福知山へ入る。
本日のテーマは<大江山の鬼退治伝説>ゆかりのお寺探索で、大江山山麓
をまず巡る。
大江山鬼退治の伝説を持つ源頼光ゆかりの<頼光寺>が始まりとなる。
山崩れで本堂の姿は無く寂しい探索となる。
しかし、山門傍の珍しいナンジャモンジャの木が救ってくれる。
由良川沿いに大江山へ向う。

画像
                    由良川の音無瀬橋

画像
                   頼光寺のナンジャモンジャ

画像
                       由良川

大江山鬼退治伝説のもう一人の人物・麻呂子親王ゆかりの<清園寺>を
経て、大江山山麓の<如来院>に到着。ここも鬼退治伝説にからむお寺
である。ここからは、大江山を望むことができず、大江山の中腹へ登る。
やっと大江山を望む。
大江山を下り、山里の<常光寺>に立ち寄る。

画像
                       清園寺

画像
                     如来院参道前

画像
                       大江山

画像
                       常光寺

府道63号を西へ。これが難路。しかし、新緑の山々や大江山を遠くに望む。
これぞ、もくもく探索の醍醐味だ。
天座集落の<普光寺>も源頼光ゆかりの寺。
更に西へ。雲原集落の<龍雲寺>を経て、府道530号・国道426号に入り、
修行の山・三岳山麓の<威光寺>は古刹で、修行道場として開創されている。

画像
                     大江山の遠望

画像
                     府道63号一景

画像
                      府道63号

画像
                       天座集落

画像
                       龍雲寺

画像
                       三岳山

画像
                       威光寺

国道9号を西へ。ここからが無住の住所番地不明の<旧威徳寺>を
探す。宮垣岩戸の集落を目指して山中へ。林道の突き当たりまでに
見つからず。引き返しながらゆっくり走り、目をキョロキョロしながら。
木々の中に、お寺の屋根らしきものを見つけ、林道からそれて細い道に
入り、やっと見つかる。これも探索で身についた直感が働く。
古い仏像群は拝観できないが、観音堂に辿り着いたことでよしと。

画像
                       岩戸集落

画像
                       旧威徳寺                      

樽水集落へ。集落の最奥に位置する<観興寺>は参道がよし。
東へ。福知山市街地へ。
モリアオガエルの生息地として知られる<大興寺>では、時期は
これから。

画像
                       樽水集落

画像
                       観興寺

画像
                       大興寺

市街地の<正眼寺>、<海眼寺>、福知山藩主・朽木氏の菩提寺
<久昌寺>を経て、福知山城の門が山門として移築された<照仙寺>
を最後として帰路に着く。
山々の間を走る気持ちのよい探索となる。
万歩計7千歩。

画像
                       福知山城

画像
                       正眼寺

画像
                       音無瀬橋

画像
                       久昌寺

画像
                       福知山城