芳春寺 (福井県美浜町)

1563年越前の朝倉義景が若狭侵攻に際して、最初に本陣を置いたのが
芳春寺であり、国吉城の粟屋勝久と対峙した。
1564年芳春寺裏山に中山ノ付城を築き、6年間に及ぶ<国吉城籠城戦>
が始まる。
1570年には織田信長の支援を受けて粟屋方の勝利に終わり、朝倉軍は
越前に退く。

芳春寺の開創は不詳であるが室町時代であろう。
境内には水子・子育て祈願の千体地蔵尊が安置されている。

<福井県のお寺一覧>参照

(1)寺名:芳春寺(ほうしゅんじ) (2)住所:福井県美浜町佐田106-8
(3)山号:発光山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:不詳

画像
                        参道

画像
                      正面に本堂

画像
                      千体地蔵堂

画像
                       千体地蔵