長興寺 (長野県塩尻市) 妙義山城主・三村氏の菩提寺

16世紀初期に洗馬の妙義山に山城を築いた地元の豪族・三村氏は、
1548年塩尻峠の戦いにおいて武田信玄に与し小笠原氏を滅ぼすが、
1555年逆に武田氏によって滅ぼされ三村氏は絶える。
戦国時代の様相を物語る変遷である。
その三村氏の菩提寺として1527年開創されたのが長興寺と伝え
られている。
1559年武田信玄などによって再興されている。

本堂と庫裏の裏手に、18世紀末造られた池泉鑑賞式庭園は塩尻市の
名勝に指定され、春や秋の花木が親しまれているそうだ。

<長野県のお寺一覧>

(1)寺名:長興寺(ちょうこうじ) 
(2)住所:長野県塩尻市洗馬元町3392
(3)山号:青松山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:1527年 (6)本尊:釈迦牟尼
(7)その他
1)庭園:市指定名勝
2)訪問日:2014年9月14日

画像
                  参道

画像
                  山門

画像
                  境内

画像
                道元禅師像

画像
                  本堂

画像
                  庭園

画像
                  庭園