岩戸寺 (兵庫県丹波市)

丹波市市島町岩戸集落の最奥、高谷山麓の山腹に張り付くように建つ
岩戸寺の石段は300段ほどある。
ケヤキなどの樹林に包まれた参道と登り切った境内から眺める風景に
<もくもく探索>の醍醐味を味わう。
岩戸寺は771年、インドからの渡来僧・法道仙人によって開創されたと
伝えられる古刹である。1574年の明智光秀の丹波攻めにより壊滅
するが、1588年塔頭・千手院が再興され岩戸寺の法灯を継いでいる。

<兵庫県丹波、但馬のお寺一覧>参照

(1)寺名:岩戸寺(いわとじ) (2)住所:兵庫県丹波市市島町岩戸525
(3)山号:明燈山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:法道仙人 (6)開創:771年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)ケヤキ:県指定母樹林

画像
                        参道

画像
                       岩戸集落

画像
                      参道と本坊

画像
                        山門

画像
                        本坊

画像
                        参道

画像
                       ケヤキ

画像
                       大師堂

画像
                        眺望

画像
                     観音堂(本堂)

画像
                       観音堂

画像
                      鎮守熊野社