もくもく探索日誌 2015年1月18日 京都 長岡京市~向日市

長岡京市に10時入る。
京都西山山系南端の山中にある<大仏乗願寺>へ林道を。
車の摺れ違いが無いことを祈りつつ進む。幸いにも無事お寺に到着。
ここの本尊阿弥陀如来は丈六仏像で西山大仏と呼ばれている。
参拝を終え長岡京市街地へ。
天王山の戦いで明智光秀が本拠とした勝龍寺城の跡地公園の前に
建つ<観音寺>へ。
<金蓮寺>を経て向日市に入る。

画像
                      勝龍寺城跡

画像
                       乗願寺へ

画像
                       乗願寺

画像
                       観音寺

市街地の小さなお寺<法道寺>、<持泉寺>を巡り、本日のメイン
となる<北真経寺>へ。
鶏冠井(かいで)は関西最古の日蓮宗集落として、真経寺が拠点として
活動し、江戸時代に北と南に分かれている。
鎌倉~室町時代に大いに栄えたといわれている。
境内は縮小され周りは住宅街となっているが、かっての雰囲気が
漂っている。

画像
                      法道寺門前

画像
                       持泉寺

画像
                       北真経寺

<泉福寺>を経て、<慶昌院>へ。
慶昌院の本尊は地蔵菩薩で<田植え地蔵尊>とよばれている。
伝承によると病で田植えが出来ない人に代わって地蔵尊が田植えを
行い、人々を助けたと。
向日市物集女(もずめ)町の曼荼羅板碑<来迎寺>を経て帰路につく。
万歩計5千歩。

画像
                       泉福寺

画像
                       慶昌院

画像
                    慶昌院から比叡山を

画像
                    来迎寺の曼荼羅板碑