円龍寺 (岐阜県岐阜市) 大イチョウ

大門町に並んで建つ円龍寺と上宮寺には、ともに市の天然記念物に指定
された大イチョウが聳えるがごとくの姿をしている。
円龍寺のイチョウは推定樹齢500年、樹高30mの巨樹である。
明治24年の濃尾大震災の時、鍛冶屋町より出火し岐阜一円が焦土となるが、
円龍寺のイチョウが水気を発し、火の南進を防いだといわれ、<火伏せ銀杏>
と呼ばれている。

<岐阜県のお寺一覧>参照

(1)寺名:円龍寺(えんりゅうじ) (2)住所:岐阜県岐阜市大門町18
(3)山号:一乗山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開創:1161年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)大イチョウ:市指定天然記念物 推定樹齢500年

画像
                       大イチョウ

画像


画像
                        山門

画像
                        本堂