妙光寺 (大阪市中央区谷町)

旧大坂城下南部(現在の中央区谷町8丁界隈、天王寺区下寺町界隈)の寺町
は、全国的にも珍しいお寺の密集地域といえよう。
こうした寺町の形成は、豊臣秀吉の大坂城築城に伴う城下町整備から
始まり、1615年大坂の陣後に現在のような寺町として形成された。
多くのお寺は他所から移転してきたと考えられている。
妙光寺はその内の一つで、兵庫県三木市から1585年に移転したと
いわれている。
妙光寺には、豊臣秀吉からの3通の書状が残されており、寺町の形成や
妙光寺の移転などにとって貴重な資料といわれている。

<大阪市のお寺一覧>参照

(1)寺名:妙光寺(みょうこうじ) (2)住所:大阪市中央区谷町8-1-41
(3)山号:栄久山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:十界曼荼羅
(7)その他
1)妙光寺文書(秀吉からの書状):市指定文化財

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂