海岸寺 (富山県富山市) 

1639年加賀藩三代藩主・前田利常が隠居する時に、加賀藩の支藩として
富山藩(10万石)を分立し、次男・前田利次が初代藩主となっている。
その時、城下に海岸寺を移して富山藩主前田家の祈願所としている。
藩主の庇護を受けて大いに栄えたといわれている。

海岸寺は1342年に浜黒崎に開創されたと伝えられ、1639年に現在地に
移っている。
開山・月庵和尚が行脚途中に化蟹に悩まされる村人の話を聞き、化蟹を
退治したという伝承が残されている。

<富山県のお寺一覧>参照

(1)寺名:海岸寺(かいがんじ) (2)住所:富山県富山市梅沢町3-19-27
(3)山号:補陀山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:月庵 (6)開創:1342年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)仏祖正伝菩薩戒教授文:重要文化財 1323年 螢山禅師筆

画像
                        本堂

画像
                       庚申塔