法因寺 (三重県亀山市) 左巻きカヤの木

<左巻きカヤ>はカヤの変種で、種子が大型で、種子の殻の表面にみられる
螺旋状の線が左巻きのカヤで、少なく奈良市都祁など9例が知られている。
法因寺の<左巻きカヤ>は推定樹齢300年といわれている。
法因寺の開創は不詳であるが、蓮如上人ゆかりの寺といわれることから、
室町時代中期には存在したのであろう。
また、幕末の亀山藩の藩政改革に貢献した黒田孝富の菩提寺でもある。

<三重県のお寺一覧>参照

(1)寺名:法因寺(ほういんじ) (2)住所:三重県亀山市東町1-10-14
(3)宗派:真宗大谷派 (4)開創:不詳 (5)本尊:阿弥陀如来
(6)その他
1)左巻きカヤ:市指定天然記念物 推定樹齢300年
2)黒田孝富墓:市指定史跡

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                      左巻きカヤ

画像