三方石観世音 (福井県若狭町) 若狭三十三観音霊場特別霊場

雲谷山(787m)山麓から山腹に拡がる参道境内は、新緑と紅葉の眩しい
風景に魅了される。
三方石観世音は古来から手足の不自由な人々の信仰が篤く、全快のお礼
と観音功徳に謝して木製の手足などが奉納される信仰のお寺である。
本尊・磨崖仏観音菩薩は、弘法大師空海が岩に観音菩薩を刻んでいたが、
朝になって右手首が未完成のまま下山したことから片手観音と呼ばれている。

三方石観世音は延暦年間(782~806年)弘法大師空海によって開創された
と伝えられている。
現在は、山麓にある臥龍院の別院となっている。
雲谷山山頂にかけて若狭自然歩道となっており、ハイキング客も多い。

<若狭三十三観音霊場のお寺一覧>参照

(1)寺名:三方石観世音(みかたいしかんぜおん)
(2)住所:福井県若狭町三方22-1
(3)山号:大悲山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:782~806年 (7)本尊:聖観音
(8)その他
1)若狭三十三観音霊場特別霊場
2)北陸三十三ヶ所観音霊場第7番

画像
                       三方湖

画像
                        参道

画像
                        参道

画像
                        参道

画像
                        参道

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像
                       手足堂

画像
                       観音霊水