もくもく探索日誌 2014年4月15日 兵庫県但馬

北近畿豊岡自動車道・八鹿氷ノ山ICを8時半に出る。
今日は快晴に恵まれ、探索も順調に進むだろう。
豊岡市出石町へ向う。途中、養父市の花木一杯の<浅間寺>に立ち寄る。
桜は散り始めて青葉も覗く。
出石町は観光地だけに観光バスも多く見かける。
<出石城跡>の桜も散り終える寸前。
シンボルの<辰鼓楼>も久しぶりの拝見となる。

画像
                       辰鼓楼

画像
                       出石城跡

画像
                       出石の町

画像
                       浅間寺

<正福寺>を経て、沢庵和尚の<宗鏡寺>では庭園をゆっくりと拝観。
すぐ近くの<願成寺>では、住職の親切な対応を受け非公開の庭園を拝観。
これぞもくもく探索の醍醐味である。

画像
                       宗鏡寺

画像
                      宗鏡寺庭園

画像
                      願成寺庭園

出石藩主の菩提寺<経王寺>のしだれ桜は満開。じっくり堪能。
出石城跡下の<勝林寺>から歩き出す。
<本高寺>、桂小五郎ゆかりの<昌念寺>、但馬善光寺と呼ばれる<如来寺>、
<見性寺>と出石街周辺を巡る。

画像
                       経王寺

画像
                       見性寺

紅葉の隠れ名所といわれる<総持寺>、<龍谷寺>、冒険家植村直己の
菩提寺<頼光寺>裏山には<植村直己ふるさと公園>が設けられている。
豊岡市日高町には種々の植村直己関連施設が多く設けられている。

画像
                       総持寺

画像
                       頼光寺

<但馬国分寺>では金堂跡・塔跡などをじっくりと探索。
愈々本日の主目標である<大岡寺>の国指定名勝・旧庭園を探して
大岡山山頂目指して山道を登る。
ナビにも無く、おおよその案内図を手掛かりに探す探す。
山道をこっち、あっちと行きつ戻りつしている所に、大岡山の生態調査をしている
豊岡市職員に出会う。奇跡的な出会いによって<旧大岡寺庭園>の場所が
特定できる。
車を山道に止めて、斜面をゆるりと下ること10分。やっとの思いで辿り着く。
山麓から小1時間の探索となる。
苦労の甲斐あって目的を果たし、大満足の探索となる。
職員に出会わなかったら見つけることは不可能な場所であった。
山麓に移った大岡寺にも参拝。

画像
                     但馬国分寺塔礎

画像
                      旧大岡寺跡

画像
                     旧大岡寺庭園

画像
                    旧大岡寺跡地から

但馬妙見の<日光院>を最後に帰路に着く。
万歩計1万2千歩。
車走行距離420km。

画像
                       日光院

画像
                       日光院