月橋院 (京都市伏見区) 秀吉月見宴の寺

1480年に開創された般舟三昧院が伏見桃山城の築城により上京の地
に移転・桃山築城後、円覚寺が跡地に開創されたのが月橋院の始まり
といわれている。
その後、宇治川に架かる豊後橋(現在の観月橋)が完成した時、秀吉の
月見の宴が催され、月と橋にかけて月橋院となったといわれている。
豊後橋は明治時代に前記の月見宴にちなんで観月橋と命名されている。
秀吉は晩年、花見の宴を醍醐寺で、月見の宴を月橋院で行なった。

<京都市伏見区のお寺一覧>参照

(1)寺名:月橋院(げっきょういん) 
(2)住所:京都市伏見区桃山町泰長老120
(3)山号:指月山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:亀州宗鶴 (6)開創:桃山時代 (7)本尊:釈迦牟尼

画像
                       全景

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像