歓楽寺 (京都府南丹市美山町) 美山の古刹

歓楽寺は延暦年間(782~806年)現在地から数百mの北の谷間に
桓武天皇の勅願所として開創されたと伝わる古刹で、仁王門などの
跡地などがある。
現在の丘陵地に移った時期は不詳である。
木々に覆われて参道を登って行くと仁王門に出会う。
仁王像は鎌倉時代末期の作といわれており京都府の文化財に指定されている。
静かな境内の佇まいは古刹の香りを漂わせている。

<京都丹波のお寺一覧>参照

(1)寺名:歓楽寺(かんらくじ) (2)住所:京都府南丹市美山町静原狐段30-1
(3)山号:小倉山 (4)宗派:真言宗泉涌寺派
(5)開創:782~806年 (6)本尊:如意輪観音
(7)その他
1)仁王像:府指定文化財 鎌倉時代
2)丹波有木願文:府指定文化財

画像
                        参道

画像
                       仁王門

画像
                        境内

画像
                        本堂