大宝寺 (愛知県南知多町) 知多四国霊場第44番

大宝寺は<もくれん寺>と呼ばれる尼寺で、1809年尼僧が開創し現在の
住職は七代目の尼僧である。
1959年の伊勢湾台風後にモクレンを植生始め、春盛りの声が聞こえる時期に
境内に咲き誇る風景が人気を呼んでいるらしい。
また、住職には多くの著書があり、人気もすごいらしい。

<知多四国霊場のお寺一覧>参照

(1)寺名:大宝寺(だいほうじ) (2)住所:愛知県南知多町内海大名切36
(3)山号:菅生山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:密乗好堅尼 (6)開創:1809年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)知多四国霊場第44番

画像
                     もくれん観音

画像
                        本堂

画像
                       六地蔵

画像
                       観音堂