最勝金剛院 (京都市伏見区) 多彩な紅葉

東福寺の塔頭で特別寺院でもある最勝金剛院は、1150年に開創され、
その後摂政関白であった九条兼実の菩提寺となり、以降九条家の菩提寺
として栄えたといわれている。
東福寺境内の東端に位置し目立たないが、多彩な紅葉を楽しめる隠れ紅葉
のスポットといえよう。
梅も見所といえよう。

最奥に九条兼実の廟堂(八角堂)がある。

<京都市東山区のお寺一覧>参照
<京都市伏見区のお寺一覧>参照

(1)寺名:最勝金剛院(さいしょうこんごういん)
(2)住所:京都市伏見区深草車阪5
(3)宗派:臨済宗東福寺派 東福寺塔頭
(4)開基:藤原宗子 (5)開創:1150年 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
                       参道

画像
                       参道

画像
                       山門

画像


画像
                    中門(左に本堂)

画像


画像


画像
                      八角堂