本行寺 (石川県七尾市) 山の寺寺院群第11番

本行寺は、書院茶の湯の大家で畠山文化を担った円山梅雪によって
文明年間(1469~87年)に開創されたと伝えられている。
前田利家が1581年七尾城主になって、利家の庇護も受けて本行寺
は栄え、キリシタン信仰の隠れ寺として位置付けられている。
利家はキリシタン大名・高山右近を加賀に迎え、本行寺に修道所を
設けて北陸での布教を支援している。

本行寺には、隠れキリシタンの痕跡がいくつか残され、現在の住職
のキャラと痕跡を求めて多くの参拝者があるらしい。

<石川県のお寺一覧>参照

(1)寺名:本行寺(ほんぎょうじ) (2)住所:石川県七尾市小島町リ134
(3)山号:揚柳山 (4)宗派:法華宗
(5)開基:円山梅雪 (6)開創:1469~87年 (7)本尊:十界曼陀羅

画像
                       参道

画像
                       山門

画像
                     高山右近像

画像
                       本堂

画像
                   山の寺寺院群案内図