双林院 (京都市山科区) 山科聖天

門跡寺院であった毘沙門堂の塔頭である双林院は、1665年公海によって
毘沙門堂境内に開創されている。
公海大僧正は天海僧正の弟子で、徳川幕府において大いに権勢を揮った
といわれている。
歓喜天を本尊に祀り、通称山科聖天と呼ばれ、紅葉の時期には多くの
参拝者が訪れる。

<京都市伏見区、山科区、西京区のお寺一覧>参照

(1)寺名:双林院(そうりんいん) 
(2)住所:京都市山科区安朱稲荷山町18-1
(3)山号:護法山 (4)宗派:天台宗毘沙門堂の塔頭
(5)開基:公海大僧正 (6)開創:1665年 (7)本尊:歓喜天

画像
                      山科疏水

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                      不動堂