竹林寺 (高知県高知市) 四国八十八ヶ所霊場第31番

高知のシンボル的な五台山(146m)頂上付近に建つ竹林寺は
四国の名刹である。
四国霊場の札所であり、土佐の観光スポットでも賑わっている。
五台山からは高知市内や浦戸湾が一望でき、四国霊場の中でも随一の
眺望を持っている。

竹林寺は、724年聖武天皇の勅願により、行基が中国唐の五台山に
擬えて文殊菩薩を祀って開創したと伝えられている。
大同年間(806~810年)には弘法大師空海が巡錫し、伽藍を整備した
といわれている。
その後、夢窓国師など多くの僧が訪れ栄えたといわれ、江戸時代には
土佐藩主・山内家の祈願所となり大いに栄えたといわれている。

古い寺歴からも、多くの文化財が維持され文化財の宝庫となっている。
古くは三重塔があったが、1869年の台風で倒壊し、1980年に鎌倉様式
の五重塔が建立されている。
この五重塔が現在の竹林寺のシンボルともなっている。

<高知県のお寺一覧>参照

(1)寺名:竹林寺(ちくりんじ) (2)住所:高知県高知市五台山3577
(3)山号:五台山 (4)宗派:真言宗智山派
(5)開基:行基 (6)開創:724年 (7)本尊:文殊菩薩
(8)その他
1)四国八十八ヶ所霊場第31番
2)本堂:重要文化財 室町時代
  客殿:県指定文化財 江戸時代初期
  五重塔:1980年 高さ33m
3)庭園:国指定名勝 1318年 夢窓国師の作と伝わる
4)本尊文殊菩薩坐像・5侍者像:重要文化財 藤原時代
  阿弥陀如来立像:重要文化財 藤原時代
  など仏像20躯が重要文化財に指定されている。
5)梵鐘:県指定文化財 1284年

画像
                       五台山

画像
                      高知市街地

画像
                       浦戸湾

画像
                       五重塔

画像
                        山門

画像
                        参道

画像
                       五重塔

画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像
                       大師堂

画像
                       五智如来

画像
                        本坊

画像
                        客殿

画像
                        庭園

画像
                        庭園