もくもく探索日誌 2013年7月28日 和歌山湯浅~有田川

湯浅御坊道路湯浅ICを8時前に出る。
湯浅の街を訪れるのは8年ぶりとなる。金山味噌で知られる街は
重要伝統的建造物群保存地区に指定される街並みが残っている。
その保存地区の中にある<深専寺>、<福蔵寺>、<真楽寺>、
<本勝寺>はどれもが浄土真宗のお寺。
本堂が文化財となっている。
街中を出て、海岸沿いの<極楽寺>を経て、有田川下流の有田市へ。

画像
                       湯浅漁港

画像
                      湯浅街並み

画像
                       深専寺

画像
                       本勝寺

画像
                       湯浅の海

画像
                       極楽寺

有田市に入り、来迎二十五菩薩像で知られる<称名寺>の本堂に
お参りし、二十五菩薩をじっくりと拝観させていただく。
有田川を上流に上り、<善国寺>を経て<円満寺>に着く。
ビャクシンが見事に境内の風景を造っている。
これから愈々有田川沿いに上流へ。有田川町に入る。

画像
                      有田川下流

画像
                    称名寺二十五菩薩

画像
                       円満寺

<浄教寺>を経て、有田川を眺めつつ国道480号線をひたすら上流へ。
日本の棚田100選の一つ<あらぎ島の棚田>に。
有田川と島のような棚田の風景は今日の1つめのハイライト。
近くにある<清水寺>に立ち寄る。

画像
                       あらぎ島

画像
                       清水寺

更に上流へ。板尾の集落から林道に入り、雨山(851m)の北の山を登る。
延々と続く林道に不安を抱く。地図にもナビにもない林道を。
20分ぐらい登ると杉林の中に<岩坂観音>を見出しほっとする。
無住のお寺で、私一人だけの世界。
二つ目のハイライト。
もくもく探索の醍醐味であるが、携帯電話は使えず。
今来た道をゆっくりと下る。

画像
                      有田川中流

画像
                     岩坂観音の山へ

画像
                       岩坂観音

画像
                       岩坂観音

画像
                       岩坂観音

今日の三つ目のハイライトは、有田町東端に位置する<雨錫寺>。
ここの阿弥陀堂をいつか訪れようと計画し、今日やっと叶う。
阿弥陀堂の中でも大きな部類に入る規模と風格を備えている。
気にいるアングルの撮影場所を探すが、ないな~。

画像
                       阿弥陀堂

画像
                       阿弥陀堂

画像
                       阿弥陀堂

480号線を登り、かつらぎ町に入り、有田川と別れて県道115号線に入り、
狭い県道をバスが前を走る。ノロノロの走りとなるが、緑の山を満喫。
紀美野町の東端に位置する<泉福寺>では重要文化財の梵鐘を
拝観。重源上人ゆかりの梵鐘。
これからは、貴志川沿いに国道370号線を海南へ向って下る。
<大日寺>、<惣福寺>と立ち寄り、海南市に入る。

画像
                      有田川上流

画像
                      泉福寺梵鐘

画像
                       貴志川

画像
                       惣福寺

6年前に訪れた時には修理中であった本堂が修理完了となっているはずと
思い、下津の<福勝寺>に向う。
長い石段を登ると、本堂は修理され、その姿をじっくりと見る。
なんだか昔の恋人に会った感覚が沸き起こる。
下津ICから帰路に着くが、事故による大渋滞に。
2時間あまりの渋滞。
車の走行距離390km。
万歩計9千歩。

画像
                       福勝寺

画像
                      福勝寺本堂

画像
                    福勝寺からの眺望