了清寺 (三重県木曽岬町) 芭蕉句碑

1758年地元の俳人・一巴によって建立された芭蕉の句碑が了清寺に
建っているが、当初は一巴の自宅に建てられていたのが移設されて
いる。
芭蕉がこの地を訪れたかは不明であるが、了清寺の東にある源盛院
にも1758年建立の芭蕉句碑がある。
了清寺芭蕉句碑
  <永き日を囀りたらぬ雲雀かな>

了清寺の開創については不詳であるが、1758年時点ではこの地に
了清寺はなかったらしい。
長屋門と新築された本堂が見事に調和している。

<三重県のお寺一覧>参照

(1)寺名:了清寺(りょうせいじ) (2)住所:三重県木曽岬町外平喜211
(3)山号:獅子吼山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                       芭蕉句碑

画像
                        本堂