正法寺 (愛知県南知多町) 知多四国霊場第29番

南知多道路・豊丘ICを出て間もなくの本郷集落に建つ正法寺は、
源義朝家臣の鎌田正清の居城跡に建っている。
正清は義朝とともに野間の地で謀殺されている。
正清の菩提を弔うために、1233年比叡山の阿闍梨によって護摩堂が
建てられたのが正法寺の始まりと伝えられている。

<知多四国霊場のお寺一覧>参照

(1)寺名:正法寺(しょうぼうじ) (2)住所:愛知県南知多町豊丘本郷7
(3)山号:大悲山 (4)宗派:天台宗
(5)開山:徹円阿闍梨 (6)開創:1233年 (7)本尊:毘沙門天
(8)その他
1)知多四国霊場第29番
2)大般若経:町指定文化財 1382~1404年写経

画像
                        全景

画像
                        本堂

画像
                       弘法堂

画像
                       厄除観音