大日寺 (高知県香南市) 四国八十八ヶ所霊場第28番

県道22号を、日本8大鍾乳洞の一つ龍河洞への途中にある小高い丘陵上
にある大日寺は、天平年間(729~749年)行基によって開創されたと
伝えられている。
弘法大師空海が815年四国巡錫の折大日寺に立ち寄り、楠木に爪で
薬師如来を彫って祀り、お寺を再興したと伝えられている。
この薬師如来は爪彫り薬師と呼ばれかって奥の院に祀られていた。

一足伸ばして龍河洞を観光するのもまたよし。

(1)寺名:大日寺(だいにちじ) 
(2)住所:高知県香南市野市町母代寺476-1
(3)山号:法界山 (4)宗派:真言宗智山派
(5)開基:行基 (6)開創:729~749年 (7)本尊:大日如来
(8)その他
1)本尊大日如来坐像:重要文化財 藤原時代 像高146cm
  聖観音立像:重要文化財 藤原時代 像高172cm
2)境内:市指定史跡

画像
                        山門

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       大師堂

画像
                       本坊門

画像
                       納経所