陶芸サークル 釉薬のはなし(1) 基礎釉

釉薬は下記の役割を持っている。
 ①ガラス化の基
 ②ガラス化の基を熔かす
 ③素地とガラスを繋ぐ
この役割が高温(1200度ぐらい)で働き、器の表面にガラス状の膜を作る。

上記の役割を果たす主な原料として3~4種類あり、それを調合して液体状に
作る。
 長石:上記の役割を全てもっており、釉薬の主原料
 灰または石灰石:②の熔かす役割
 藁灰または珪石:①のガラス化の基
 カオリンなどの粘土類:③の役割

これらの原料を調合した釉薬を基礎釉(無色)といい、その調合割合によって主に
 (1)透明釉(光沢がある)
 (2)マット釉(艶消し)
 (3)乳濁釉
 (4)結晶釉
がある。

画像
                      透明釉

画像
                      マット釉

画像
                       乳濁釉

画像
                    結晶釉(不完全)

基礎釉には
  (ⅰ)原料として主に長石・土灰・藁灰を使う土灰釉(和風)
  (ⅱ)原料として主に長石・石灰石・カオリン・珪石を使う石灰釉(洋風)
がある。
(ⅰ)土灰釉の原料調合割合の違いによって
  (1)土灰透明釉:      長石 70%  土灰 20%  藁灰 10%
  (2)土灰マット釉:      長石 40%  土灰 30%  カオリン 30%
  (3)土灰乳濁釉(藁灰釉):長石 30%  土灰 20%  藁灰 50%
  (4)亜鉛結晶釉:   長石 48%  土灰 15%  亜鉛華 24% 藁灰13%
(ⅱ)石灰釉の調合割合
  (1)石灰透明釉:長石42% 石灰石18% カオリン13% 珪石27%
  (2)石灰マット釉:長石52% 石灰石23% カオリン23% 珪石2%
  (3)石灰乳濁釉:長石52% 石灰石23% カオリン3% 珪石22%
  (4)亜鉛結晶釉:長石50% 石灰石10% 亜鉛華25% 珪石15%

透明釉をベースにすると、
マット釉はカオリンが多く藁灰や珪石が少ない
乳濁釉は藁灰や珪石が多く、カオリンが少ない
結晶釉はカオリンも藁灰や珪石も少ない


画像


縦軸はカオリンなどの量、横軸は藁灰や珪石の量と見てよい。