正雲寺 (岐阜県高山市) 飛騨三十三観音霊場第8番

高山城山公園の西麓に建つ正雲寺の観音霊場本尊・聖観音坐像は、
江戸時代末期に性海慈船禅師(永平寺第64世)が奈良県・天龍寺を
訪れた際、集落の人から禅師に奉納された仏像である。
1904年岩手県のお寺(廃寺)を移転し、性海禅師を開山として
性雲寺が開創され、聖観音坐像も移座されている。

訪れた時は修理中で境内も未整備であり、あわただしい参拝であった。

(1)寺名:正雲寺(しょううんじ) (2)住所:岐阜県高山市神明町3-112
(3)山号:慈恩山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:性海慈船 (6)開創:1904年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)飛騨三十三観音霊場第8番 聖観音

画像
                        本堂