長谷寺 (滋賀県高島市音羽) 近江西国三十三所観音霊場第7番

琵琶湖を西から一周する<近江西国三十三所観音霊場>は室町時代
から始まったと伝えられているが、江戸時代初期には霊場の資料が
存在するらしい。
近江(滋賀県)には古仏の観音が多く、国宝・重要文化財に指定された
仏像は京都・奈良に次いで多い。
近江西国観音霊場のお寺も名刹・古刹で、これらを巡る旅は近江の歴史
を巡る旅となるであろう。

長谷寺の縁起には諸説あるらしいが、白鳳時代677年に藤原不比等に
よって開創されたと伝える説が流布されている。
当初は岳山(嶽山)山頂に開創されたが、時代とともに中腹・山麓と
移動してきたらしい。

(1)寺名:長谷寺(はせでら) (2)住所:滋賀県高島市音羽494
(3)山号:白蓮山 (4)宗派:天台真盛宗
(5)開基:藤原不比等 (6)開創:677年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)薬師如来坐像:重要文化財 藤原時代前期 像高52cm
2)本尊・十一面観音立像:南北朝時代
3)宝篋印塔:1326年

画像
                       御影堂

画像
                       宝篋印塔

画像
                       岳山へ