もくもく探索日誌 2012年9月22日 京都・美山

秋分の日、京都縦貫道・園部ICを出たのは7時過ぎ。
まだ朝の匂いが残る山里へ入る。園部町のお寺を2ヶ寺お参りして、
山間をスイスイと走る。道路も整備され、車もほとんど見受けない。
8時過ぎに美山の茅葺の里へ入る。
30軒あまりの茅葺家屋が集中している美山北地区は重要伝統的建造物群
に指定された地区なので、家屋を勝手に修理出来ないらしい。
蕎麦の白い花と茅葺が、コスモスと茅葺が見事なハーモニーをなしている。
里の奥にある<普明寺>を訪問し、しばし英気を養う。

画像
                     美山かやぶきの里

画像
                        茅葺

画像
                        茅葺

画像
                        茅葺

画像
                     里を流れる由良川

画像
                       蕎麦の花

画像
                       普明寺

蓮如上人ゆかりの<光瑞寺>では、見事な広葉杉に圧倒される。
美山町の最奥にある中風にご利益がある<中風寺>はほんの少しの
立ち寄りですます。何か近づき難い風が流れている。

画像
                       光瑞寺

画像
                       深見寺

画像
                       中風寺

由良川沿いに京丹波町へ走る。
江戸時代の名陶工・野々村仁清の生誕地・大野の里にある<蓮乗寺>
とその生家を訪れる。
京焼の祖といわれ、多くの文化財に指定(国宝が3件)された焼き物を
残している。
癌封じのお寺<長源寺>、十八羅漢の<宝住寺>を経て、福知山市の
三和町へ。

画像
                       由良川

画像
                       蓮乗寺

画像
                      仁清の生家

画像
                       長源寺

画像
                     宝住寺の羅漢像

三和町の名刹<興雲寺>は山里の最奥に位置し、名刹に相応しい景色
を醸し出している。
国道9号線を南に。京丹波町の<長楽寺>、<薬師寺>と紅葉時期には
参拝者が多いといわれる山里のお寺を廻る。
最後に、京都縦貫道の入口から2km程山の中へ。
<琴滝>は水が少なく、それに蚊が多く退散し、すぐ近くの<玉雲寺>
をお参り。曹洞宗の名刹といわれている。
万歩計1万2千歩。
山里のお寺が多く、石段を満喫。

画像
                       興雲寺

画像
                       長楽寺

画像
                       薬師寺

画像
                        琴滝

画像
                      玉雲寺