玄忠寺 (京都市伏見区) 伏見義民・小林勘次の碑

元和年間(1615~24年)に淀川船の通行料が値上げされ、伏見の
商人や町民が困り果て、その困窮を援けようと薪炭商の小林勘次が
幕府に直訴して、値下げが認められて、伏見に戻る途中暗殺されて
いる。しかし、あらかじめ小林は朱印状を別便で伏見に送っていた
ことから値下げが実行されている。
この義民としての行為を顕彰して石碑が玄忠寺に建てられた。

また、夏目漱石の<坊ちゃん>の赤シャツのモデルといわれる
西川忠太郎のお墓も玄忠寺にあるらしい。

(1)玄忠寺(げんちゅうじ) (2)住所:京都市伏見区下板橋町575
(3)山号:赤壁山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:当誉 (6)開創:1624~44年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                       山門

画像
                     石碑と本堂