延寿寺 (滋賀県彦根市) 荒神山の古刹

彦根市の南東部、琵琶湖岸に近い独立した荒神山(284m)は、奈良時代に
行基が三宝大荒神を祀った(荒神山神社)ことから荒神山と呼ばれ、
その山麓には行基が開創したと伝えられる延寿寺がある。
延寿寺の境内は山麓から中腹にかけて広がり、木々に覆われた境内は
鬱蒼とした風景を造っている。
秋の紅葉は期待できそうだ。

(1)寺名:延寿寺(えんじゅじ) (2)住所:滋賀県彦根市稲里町2523
(3)山号:永明山 (4)宗派:臨済宗永源寺派
(5)開基:行基 (6)開創:749年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)本尊・十一面観音坐像:市指定文化財 12世紀末
  仏頭:市指定文化財 藤原時代 もとの本尊頭か

画像
                       荒神山

画像
                        山門

画像
                        参道

画像
                       羅漢像

画像
                        鐘楼

画像
                        本堂