神願寺 (和歌山県かつらぎ町) 紀伊の国十三仏霊場

<十三仏>は、亡くなった人の供養を行う13回の忌日法要を司る
仏で、十三仏霊場はそれらの仏を本尊とするお寺霊場である。
京都・大阪・大和など各地に十三仏霊場がある。
紀伊の国十三仏霊場は根来寺(不動明王)を1番として、瀧法寺(虚空蔵菩薩)
を13番とする霊場で、神願寺(文殊菩薩)は第3番である。

神願寺は、天禄(970~973年)に清和源氏の源満仲によって開創された
と伝えられている。1162年文覚上人によって再興されている。
隣にある宝来山神社とはかって神仏習合の神宮寺であった。

(1)寺名:神願寺(じんがんじ) (2)住所:和歌山県かつらぎ町萩原55
(3)山号:宝来山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開基:源満仲 (6)開創:970~973年 (7)本尊:文殊菩薩
(8)その他
1)本堂:県指定文化財 1830年
2)参考
  宝来山神社本殿:重要文化財 1614年

画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像
                      弘法大師像

画像
                      宝来山神社