善導寺 (京都市中京区) 善導寺型燈籠本歌

善導寺の前庭に安置されている石燈籠は<善導寺型燈籠>の本歌で、
その特徴は、火袋の面に茶碗・炭斗・茶釜・火鉢・火箸・杓などが彫られ、
茶人に愛好された燈籠である。
また、前庭に安置されている釈迦三尊石仏は1278年銘の清涼寺式釈迦像
で珍しい石仏である。

善導寺は、久留米市・善導寺の僧・然誉上人によって永禄年間(1558~69年)
に開創されている。

(1)寺名:善導寺(ぜんどうじ) (2)住所:京都市中京区東生州町533-3
(3)山号:終南山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:然誉清善 (6)開創:1558~69年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)釈迦三尊石仏:重要美術品 1278年
2)善導寺型燈籠本歌:江戸時代

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                    善導寺型燈籠

画像
                    善導寺型燈籠

画像
                    釈迦三尊石仏