もくもく探索日誌 2012年6月30日 知多半島

知多半島を訪れるのも5年ぶりになるが、今日は<知多四国八十八ヶ所霊場>
の26番~57番札所などを巡ることにした。
知多四国霊場は、弘法大師空海が東国へ向う際に知多半島の聖崎に
上陸したと伝承されることから、200年前の江戸時代末期に設けられた
霊場である。
知多半島にはこれ以外にも種々の霊場巡りがあり、知多半島の特異な
面を覗かせている。
余りにも多くの霊場を巡ったので、少々疲れた。

画像
                      上陸大師像

画像
                      上陸大師像

画像
                       大井漁港

知多半島道路の武豊ICを出たのは8時前。半島の東海岸を南下し、
霊場を巡りながら半島最南端の師崎へ向う。

画像
                       影現寺

画像
                       全忠寺

画像
                       案内小僧

画像
                       誓海寺

画像
                       北室院

画像
                       遍照寺

画像
                       神護寺

画像
                        師崎

師崎でもくもく探索では珍しく鮮魚定食を食す。
岩屋寺は今日のメインとなるお寺で、奥の院まで足を運ぶ。

画像
                       岩屋寺

画像
                      岩屋寺奥の院

梅雨の晴れ間だけにぎりぎりまで廻ろう。
それにしても8時間の探索は厳しいが、お寺間の距離が短いのが
救いである。
万歩計一万四千歩。

画像
                       持宝院

画像
                       良参寺

画像
                       野間灯台

画像
                       瑞境寺

画像
                       報恩寺