お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 祐正寺 (京都市上京区) 妻取地蔵

<<   作成日時 : 2012/05/11 13:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1673年に地蔵堂が建立され、そこに祀られた地蔵尊が
妻取地蔵(娶妻結地蔵)と呼ばれて、男の縁結びにご利益があると
伝承されている。どうして伝承が成り立ったのか。
祐正寺は1602年の開創である。

(1)寺名:祐正寺(ゆうしょうじ) (2)住所:京都市上京区長門町409
(3)山号:大応山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:円誉雲白 (6)開創:1602年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                       山門

画像
                      地蔵堂

画像
                       本堂


<陶芸の空間>
    コーヒーカップ&ソーサー
(1)素地粘土:信楽水ひ粘土
(2)釉薬:黄土赤釉、黒マット釉
(3)施釉:スプレー塗布

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

祐正寺 (京都市上京区) 妻取地蔵 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる