お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 光清寺 (京都市上京区) 岩倉家の菩提寺

<<   作成日時 : 2012/04/22 09:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

明治維新の功績者の一人である岩倉具視の先祖・岩倉恒具(江戸時代中期)
を始めとする岩倉家の菩提寺である光清寺は、1669年伏見宮貞致によって
開創されたと伝えられている。
その後火災に遭い、1706年現在地に再建されている。

光清寺には出水七不思議の一つである浮かれ猫の伝承がある絵馬がある。
境内には重森三玲作の二つの庭がある。

(1)寺名:光清寺(こうせいじ)
(2)住所:京都市上京区出水通六軒町西入七番町339
(3)山号:心和山 (4)宗派:臨済宗建仁寺派
(5)開山:晃山 (6)開基:伏見宮貞致
(7)開創:1669年 (8)本尊:聖観音
(9)その他
1)庭園:重森三玲作 心和の庭・心月庭

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                      心月庭

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

光清寺 (京都市上京区) 岩倉家の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる