西光寺 (滋賀県竜王町山之上) 鎌倉時代の石塔

竜王町の西光寺には鎌倉時代の2基の石塔があるが、石造宝塔は
1312年、五重石塔は1319年の造立と考えられている。
本堂も再建され、境内も整備されて2基の古塔が新しい風景の中で
異色な存在を示している。

西光寺は、奈良時代前期に法満寺五別院の一院として開創された
ことに始まると伝えられている。
室町時代に再建され西光寺となっている。

(1)寺名:西光寺(さいこうじ) (2)住所:滋賀県竜王町山之上3465
(3)山号:法性山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:729~749年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)石造宝塔:町指定文化財 1312年 高さ127cm
  五重石塔:1319年

画像
                        全景

画像
                        本堂

画像
                      法然上人像

画像
                       石造宝塔

画像
                       五重石塔