荘厳寺 (滋賀県近江八幡市) <重文>空也上人立像

市聖(いちのひじり)と呼ばれた空也上人の彫像は余り多くは存在しないが、
京都・六波羅蜜寺、京都・月輪寺、松山市・浄土寺、近江八幡市・荘厳寺の
像が知られ重要文化財に指定されている。
荘厳寺の空也上人像は鎌倉時代の作で、像高84cmである。

荘厳寺は、奈良時代に開創されたと伝えられる安養寺の旧跡に1604年
建立され、安養寺の仏像などを引き継いでいる。
近くに旧安養寺の五重石塔が残されている。

(1)寺名:荘厳寺(しょうごんじ) (2)住所:滋賀県近江八幡市安養寺町826
(3)山号:別意山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:朝誉 (6)開創:1604年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)仏像
  釈迦如来立像:重要文化財 鎌倉時代 清涼寺式
  聖観音像(上半身):重要文化財 平安時代
  空也上人立像:重要文化財 鎌倉時代 像高84cm
  阿弥陀如来立像:市指定文化財 鎌倉時代
2)参考
  五重石塔:重要文化財 1246年 高さ418cm 旧安養寺

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                   <重文>五重石塔
                     <旧安養寺>