妙法寺 (兵庫県神戸市須磨区) 平清盛ゆかりの寺

1180年平清盛は福原遷都に際して、平安京の鞍馬になぞらえて、
妙法寺の地を新鞍馬と称して王城鎮護の霊場としたと伝えられている。
鞍馬寺と同じく本尊は毘沙門天で、重要文化財に指定されている。

妙法寺は738年行基によって開創されたと伝わる。

(1)寺名:妙法寺(みょうほうじ) 
(2)住所:兵庫県神戸市須磨区妙法寺字毘沙門山1286
(3)山号:如意山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:行基 (6)開創:738年 (7)本尊:毘沙門天
(8)その他
1)本尊毘沙門天立像:重要文化財 藤原時代
2)宝篋印塔:県指定文化財 1370年
3)追儺式(鬼追式):1月3日

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       涅槃像

画像
                       宝篋印塔