蓮乗寺 (滋賀県野洲市) <重文>毘沙門天立像

毘沙門天は須弥山を仏敵から守る四天王の内の多聞天で、独立して
いる時に毘沙門天と呼んでいる。
蓮乗寺の毘沙門天立像は、像高48cmと小さな仏像であるが、その
迫力は相当なものである。
平安時代中期の作と推定されている。

蓮乗寺は824年開創されたと伝えられているが詳細は不詳である。
文亀年間(1501~1504年)に再興され天台真盛宗になっている。

(1)寺名:蓮乗寺(れんじょうじ) (2)住所:滋賀県野洲市比江1191
(3)山号:清流山 (4)宗派:天台真盛宗
(5)開山:沙門禅源 (6)開創:824年
(7)中興:盛全 1501~1504年 (8)本尊:阿弥陀如来
(9)その他
1)毘沙門天立像:重要文化財 平安時代中期 像高48cm
2)三重石塔:市指定文化財 鎌倉時代

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                      毘沙門天立像
                     <説明板の写真>

画像
                       三重石塔