お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 誓願寺 (滋賀県長浜市) 湖北一向一揆の拠点

<<   作成日時 : 2012/01/20 09:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

16世紀に入り浄土真宗(一向宗)の衆徒による一揆が増えるが、
近江湖北における湖北一向一揆は織田信長に対する一揆で、
浅井氏と連携して湖北10ヶ寺が対抗している。
その中核となった寺が米原市の福田寺と誓願寺である。
誓願寺は別名・内保城とも呼ばれ、土塁を築いて一揆に備えている。
現在もその名残が見られる。

誓願寺の梵鐘は南北朝時代のもので、北九州の貫庄八幡宮の
ものであったが、戦国武将・田中吉政が秀吉の九州攻めの際持ち帰り
誓願寺に寄進したといわれている。

(1)寺名:誓願寺(せいがんじ) (2)住所:滋賀県長浜市内保町1308
(3)山号:湯次山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開山:定恵 (6)開創:651年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)梵鐘:市指定文化財 1366年

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                       鐘楼

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

誓願寺 (滋賀県長浜市) 湖北一向一揆の拠点 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる