お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 光信寺 (滋賀県長浜市) <重文>大日如来坐像

<<   作成日時 : 2012/01/14 09:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

光信寺は元は天台宗の大福寺で、1505年に浄土真宗に改宗している。
その時、本尊であった大日如来像を中山神社へ移し、明治時代に入って
再び光信寺に移座されている。
この大日如来坐像は11世紀後半の作と考えられており、定朝様を
踏襲する様式に近い。
長浜市高月町の向源寺大日如来像と近い時期と推定されている。

光信寺はどこにでもある里寺であるが、滋賀県にはこうしたお寺と古仏が
多く存在している。

(1)寺名:光信寺(こうしんじ) (2)住所:滋賀県長浜市太田町143
(3)山号:般若山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)大日如来坐像:重要文化財 11世紀後半 像高147cm

画像
                       参道

画像
                       本堂

画像
                      大日堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

光信寺 (滋賀県長浜市) <重文>大日如来坐像 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる