お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 慶田寺 (奈良県桜井市) 芝村藩主織田家の菩提寺

<<   作成日時 : 2011/12/26 16:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

織田信長の弟であり茶人でもあった織田有楽斎の四男・織田長政が1万石
で初代藩主となった芝村藩の歴代藩主織田家の菩提寺が慶田寺である。
墓地には織田有楽斎の分骨塔もある。
山門は織田家陣屋の大手門を移築したもので、堂々の構えである。

像高2m余りの十一面観音立像は平安時代の作で、近くの廃寺から
移座されたものである。文化財には指定されていないが、この地域では
最古の仏像といわれている。

(1)寺名:慶田寺(けいでんじ) (2)住所:奈良県桜井市芝753
(3)山号:三輪山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:大応梵香 (6)開創:1460年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)芝村藩主織田家の墓所と織田有楽斎の分骨墓

画像
                       外観

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                       庭園

画像
                     織田家墓所

画像
                     織田有楽斎墓

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

慶田寺 (奈良県桜井市) 芝村藩主織田家の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる